ISO

熱処理は、熱処理後も形状が変化しないため、品質管理には長年の経験と知識が必要です。今でも炎の色を見極めるなど、職人的知識に支えられており、そのため、熱処理の品質は「見えない品質」とも言われます。

しかし私達は「品質の見える化」を目指し、ISO取得、検査成績書の添付、社内独自のトレーサビリティシステムの構築などを進めています。お客様の熱処理におけるベストパートナーとして、安心してご依頼いただけるよう、これからも精進してまいります。


ロックウェル硬度計
ロックウェル硬度計
簡便かつ素早く硬さを測定できるため、現場で硬度を確認するのに使用します。
ビッカース硬度計
ビッカース硬度計
ダイヤモンドでできた圧子を被試験物に対して押込み、そのときにできるくぼみ(圧痕)の面積の大小で硬度を判断します。
電子顕微鏡
試験片や不具合時など、金属表面を研磨後、金属顕微鏡で金属組織を観察いたします。


温度、真空度のモニタリング
温度、真空度のモニタリング
すべての炉の温度と真空度を集中監視しています。
営業支援システム
支援システム
独自のシステムにより、パソコン・スマートフォンから現在の状況を確認できます。
検査成績書
検査成績書
試験結果、熱処理チャートなどが記載されています。メールで送付可能です。



金属組織写真例

金属組織
金属組織
金属組織

金属組織
金属組織



品質方針

品質の保証は当社の一大目的であり、加工品の信頼性を高め、問題の発生を未然に防止し、品質保証を達成するため会社全体で最善の努力をするものである。

環境方針

武藤工業株式会社は、地球環境の保護と安全が地域社会の重要課題と認識し、熱処理加工等において、全従業員が適用可能な要求事項等を遵守し環境影響の改善及び汚染の予防に継続的に取り組む。



ISO
ISO9001
ISO
ISO9001