図面を送るだけ。面倒なマネジメントは不要

図面をいただいて、材料手配、機械加工から熱処理・研磨まで一貫して対応いたします。

機械加工から熱処理まで一貫して対応

熱処理には、寸法変化・そり・ひずみ等の不安要素がつきまといます。機械加工との連携が必要となりますが、当社では、お客様に変わって製造マネジメントを行います。 「熱処理ネットワーク」を活用し、得意分野の企業に加工を依頼、スケジュール・品質管理を当社が行います。

コストと品質のバランスをご提案

熱処理だけを考えた場合、最適解は存在しますが、機械加工や研磨といった前後工程と組み合わせて考えた時、選択肢は1つではなくなります。例えば・・・

S45Cで熱処理をしましたが、硬度が入らずに困っています。S45Cにかわる鋼材でコストが安く熱処理後の硬度も改善する素材ありますか?
品物が大きくなると硬度が入り難くなることはあります。
特にS45Cはその傾向が著しく表れます。
では、材質を変更すれば良いのでは、と言いたいところですが材質の変更はコストに大きな影響をあたえます。
鋼材別の価格の比較をしてみますと
おおよそですがS45Cのと比較して

SK3が3倍
SKS3が5倍
SKD11が7倍

これだけ価格に差があると出来るだけS45Cを使いたいですよね。

ここで注目して欲しいのはSCM435なんです。
価格はS45Cの30%増し(SK3の1/3程度)ですが、焼入れ焼戻しの結果は安定します。